梅雨の気分をUP!アジサイを見に出かけよう☆北海道・東北編

2019年3月27日

雨が続く梅雨・・・。

出かける気分になれない?

そんなのはもったいないですよ!

紫やピンク、色とりどりの「紫陽花(アジサイ)」の花を見に出かけましょう。

雨粒の揺れるアジサイの花はSNS映えまちがい無し。

今回は北海道・東北地方の絶景スポットをご紹介します。

市民の森 【北海道】

1周2.3キロの園路があり,夏はジョギング・冬は歩くスキーが楽しめる『市民の森』には、

道内最大規模のアジサイ園があるんです。

約1万3000株のアジサイが広々とした自然のなかに生育し、毎年7月から8月にかけて、色とりどりの花が見ごろになります。

たくさんの種類があって開花時期が異なるので、長い期間楽しめるのも嬉しいですね。

そして、ここの名物と言えばソフトクリーム!

アジサイのお供に絶品ソフトクリームをご賞味ください。

【住所】北海道函館市上湯川327-1

詳しくは⇒市民の森HPをご覧ください。

 

アジサイ(東津軽郡) 【青森県】

外ヶ浜町の町の花にも指定されている「アジサイ」が、

外ヶ浜町三厩地区の県道281号線、三厩駅から龍飛崎(通称:あじさいロード)の間

道路の両脇に数キロに渡って咲き乱れます。

見ごろは7月下旬~8月上旬。

海岸に近い田舎の風景とアジサイが合わさり、絶好のドライブスポットですよ。

【住所】青森県東津軽郡外ヶ浜町龍飛崎一帯 及 アジサイロード

 

堂森善光寺 【山形県】

県文化財「見返阿弥陀如来」は、横向きで斜め下を向き、左の救いの手を差しのべる姿が、全国でも珍しい逸品。

そんな『堂森善光寺』は「万世のあじさい寺」として人気のあじさいスポットです。

仁王門をくぐると、まずは阿弥陀堂を囲むように咲く沢山のアジサイが出迎えてくれます。

見ごろは例年6月下旬から7月中旬にかけて。

こじんまりとしてますが、とても雰囲気が良い穴場スポットです。

【住所】山形県米沢市万世町堂森375

詳しくは⇒堂森善光寺のHPをご覧ください。

 

東山公園(あじさいの杜) 【山形県】

“あじさいスタジアム”と呼ばれる野球場や市民プール、テニスコートがある『東山公園』には、

新庄市の花であるアジサイ34種、約45,000株が咲き誇ります。

多くの色や形の違うアジサイは見ごたえ充分。

一周約500メートルの園内は、ゆっくりと散歩するのに最適なコースです。

6月下旬~7月中旬頃が見ごろで、

7月中旬には「あじさいまつり」が開催されます。

【住所】山形県新庄市金沢山3070番8

詳しくは⇒新庄市のHPをご覧ください。

 

みちのくあじさい園 【岩手県】

『みちのくあじさい園』のアジサイは、

山あじさい・西洋あじさいなど、何と300種30,000株!

日本有数の規模を誇るあじさい園です。

あじさい園と聞くと、ちょっとしたお庭にアジサイが咲くイメージかも知れませんが

ここはスケールが違います。

両脇に延々とアジサイが続くウォーキングコースや、一面に広がるアジサイ畑は圧巻!

毎年開花時期に合わせて、『みちのくあじさいまつり』が開催されます。

【住所】岩手県一関市舞川字原沢111

詳しくは⇒岩手県観光ポータルサイトいわての旅などをご覧ください。

 

資福寺 【宮城県】

『資福寺』とは臨済宗妙心寺派の寺院で、正式名称は慈雲山 資福禅寺。

資福寺の境内には1200株のアジサイが植えられており、「仙台のアジサイ寺」と呼ばれています。

アジサイの色は白、青、ピンクなどが多く、ガクアジサイなどもあります。

こじんまりとした風情のあるお寺ですが、アジサイの季節に休日にはたくさんの人で溢れかえるほど。

この時期だけ境内の小書院にお抹茶の席が用意されます。

【住所】宮城県仙台市青葉区北山1-13-1

 

あじさい寺(高林寺) 【福島県】

高林寺の境内には約30種類5000株のアジサイが植えられていて、毎年6月下旬から7月中旬にかけて、青・紫・白・ピンクの美しい花を咲かせます。

斜面を覆って一面に植えられたアジサイを見て、「アジサイの海のよう」という人も。

高林寺周辺の市道にも「あじさいロード」が整備され、約1万株が植えられていますので、

こちらも合わせて楽しめます。

【住所】福島県二本松市太田西田1