【コロナ】収入が減った!所得減の証明方法あれこれ

   新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった!
お客さんが全然入らなくって休みを取るように言われてしまった!

自営業者だけどお客さんの入金が遅れてしまった!様々な事情で、新型コロナウイルスの影響下において収入が減っている方が続発しています。

しかし、来るべき各種保険や救済措置を願い出る際に所得が減ったことをどのように証明すれば良いのでしょうか。

ここでは、収入が減った際の証明方法をいくつか考察してみました。

【一番簡単】給与明細

まずもって一番簡単なのが、給与明細を提出することです。
現在働きに出ている方や会社にお勤めの方はこの方法が最も簡単です。

給与明細を数ヶ月分提出したり、あるいは前年度の同月の給与明細を用意することで限りなくシンプルかつ確実に、どれくらい所得が減っているかを証明することができます。

さらに勤め先が発行している給与明細であればこれほど強力なものもありませんから、給与明細で所得減が証明できるなら、間違いなくこの方法を採用すべきです。

【自営業向け】確定申告書

給与明細を発行してもらう立場に無い方・いわゆる自営業者の方や企業経営者の方はどのように所得が減っているのを証明すれば良いでしょう。

カギは確定申告書です。
確定申告書しかない、と言った方が良いでしょうか。

公的に所得を証明できるのは原則的に確定申告書となりますので、この春に提出した確定申告書をもとに申告を行うコースが濃厚といえそうです。

年間単位で如実に所得が減っている自営業者の方は、確定申告書を用意しておくと、給付金や様々な助成措置の他に各種民間の金融機関が行なっている融資などにも活用できるでしょう。

【誰でも使える】入金通帳

自営業者・フリーターや会社員の方を含めて誰でも使える方法が入金通帳を利用する方法です。

人にはそれぞれ事情があるもので、誰でも給与明細や確定申告書を簡単に提出できるわけではありません。
今回に関しては国の方でもそのことをよくわかっており、入金通帳の提出だけで収入が減っていることを証明する材料にしてくれるという動きも水面下で出てきています。

開業直後にいきなり収入ダウンに繋がってしまった自営業者の方などを中心に、念の為用意しておきたい方法となります。

ただし入金通帳に関してはかなり信憑性に疑問が残るという意見もありますので、実際に採用されるかどうかは現段階では未確定と言わざるを得ません。

まとめ

コロナ関連で収入が減った場合、今後出てくることも考えられる様々な給付金や救済制度を利用するため、きちんとどのくらいの収入が減っているかを証明できるように材料を集めておきましょう。

国の方で懇切丁寧に指導してくれるとは限りませんので、今のうちからできることをやっておくのがベターと言えそうです。