年末年始に「営業休止するチェーン店」はどこ?ガストやロイホは?

2019年ももう終わりですね。

年末年始の初詣からの帰り道、大晦日に仲間同士で語り合うためどこかお店がないかな?と使うこと多いですよね。

そんな時便利なのがファミレスです。

お年玉や福袋など楽しいこともたくさん!お金を使う場面もたくさん!

そんな光景がいつもの年末年始でした。


そんなこともあり年末年始といえば、1年で最も売り上げや利用客が望めるかき入れ時と思われていました。しかし、そのような年末年始にお馴染みの光景も変化が起きているみたいです。

 

ロイヤルホストやガストが年末年始「営業休止」!?

 これまでも年末年始に「営業休止」を表明したチェーン店はありました。

例えば「ロイヤルホスト」は、2018年の元日に初めて休業しましたが、その結果、その年の売り上げは前の年よりも数%減少。

これだけ聞くと企業にとってはマイナスと取られたがちですが、従業員の労働環境に対する満足度が上がり、人材確保が難しくないっている現代で採用へプラスの効果があったようです。

2019-2020年の年末年始も、しっかりサービス業も休みを取得する流れは拡大。

次々と大手サービス業、チェーン店が「営業休止」を表明しています。

ロイヤルホストは、今回の年末年始は全国219店舗のうち、一部を除いて2019年12月31日と2020年1月1日の営業を休業。また、「カウボーイ家族」も18店舗中17店舗が元日営業をお休みします。

天丼チェーン「てんや」では、国内201店舗中157店舗と、ほぼすべての店舗で元日1月1日の営業を休止のようです。

さらに「ガスト」などもほとんどの店舗を、12月31日18時から1月1日正午までを休業にすると発表しました。

また、ラーメンチェーン「幸楽苑」は、12月31日の営業時間を短縮し、元日は休業する方針を発表。同社は2018-19年の年末年始を休業にする際、売上が2億円減少すると発表してたのも記憶に新しいですね。

「大戸屋ごはん処」も直営店の半数以上で、大晦日と元旦を休業にすることを発表。

こんな形で色々なお店がお休みを発表しています。

 

小売、コンビニにも流れがきてる?

レストランチェーンのみならず、パルコも全18店の一斉休業に踏み切ると発表しました。2019年の元日は池袋パルコなどの全3店のみ元日も営業していましたが、2020年は全店舗で初売りが1月2日になるそうです。これ、結構すごいことですよね!

また、イトーヨーカドーは5都道府県16店舗が元日休業を実施する予定のようです。

その他高級スーパー「成城石井」も路面店などを中心とした164店舗で大晦日の営業時間を18時までに短縮し、2日の休業も25店舗で実施とのこと。

コンビニ大手の「ローソン」は約100店で元日休業の実証実験を行うようです。
さらに「ファミリーマート」は元日に109店舗が、12月31日から1月3日にかけては計320店のオーナーが「店長ヘルプ制度」という制度を活用し、休日になるようです。

 

携帯ショップは?

全国約2300店舗のドコモショップは2019年12月31日~2020年1月3日まで休業。

同じく「ソフトバンク」の販売店でも大晦日と元日を休業。

一方、「au」は2019年の大晦日と元日の2日間をauショップの「休業推奨日」に設定し、店舗ごとの自主判断!

自主判断って結構難しいところ・・。これがどう影響するかが今後の焦点かもしれません。

ネット上では意外と好意的な反応

上記のように様々な小売・サービス業で「営業休止」が拡大しています。

多くの企業が従業員のモチベーションを大事にしてきている証拠です。

採用で人を確保するのも大事ですが、雇った人をやめさせない動きも現代は必要なのが垣間見えますね。

こんな現代の社会の動きに対して、消費者の反応は不便きこえてきそうですがこのような動きは思いの外歓迎されているようです。

休みを充実させるとともに、しっかりお金も使って日本の景気も来年は上向いてくれることを期待したいですね!