春夏秋冬(四季)の期間はいつからいつまで?季節の区切り方はどうしているの?

日本には四季がありますよね。
春夏秋冬、それぞれに特徴があるのは皆さん承知の通り。
例えば「夏」なら「海の季節」「桜の季節も終わり食欲の秋に続く季節」「真夏の日差しを避ける季節」「7月、8月、9月のこと」など、みなさんそれぞれに「夏はこういう季節」と思い浮かべることはありませんか?

では、明確な四季の期間はいつからいつまでなのでしょう?
四季にはそれぞれに明確な区切りはあるのでしょうか?

四季の期間、季節の区切り方はどうしているのか?
実は四季の期間は、季節の区切り方がいくつかの方法があります。

〇年度による区別(テレビなどに使われているもの)
〇気象学的な区別(気象庁が用いる、一般的に使われているもの)
〇天文学的な区別(夏至や冬至等を基準にしているもの)
〇暦による区別(二十四節により区別しているもの)

一般的には気象庁が用いている季節の区切り方が使われています。

ただ、季節の絶対的な定義は存在しないと言われています。
そこで今回はそれぞれの区切り方を見てみましょう♪

①年度による区別とは?

年度による季節の区切りは、以下の通り。

「春」・・・4月、5月、6月
「夏」・・・7月、8月、9月
「秋」・・・10月、11月、12月
「冬」・・・1月、2月、3月

新年度が4月から始まるため、それに合わせて季節を区別しています。
代表的なのは、テレビやラジオ番組です。

1クール=3ヶ月ですよね。

テレビなどで「春の新番組」は、4月に始まります。
学校や企業でも、同じような区切りがよく見られます。

他の行事なども考慮すると、このほうが都合がいいため、この区切りが採用されているのでしょう。

 

②気象学的な区別

気象庁では「時に関する用語」として四季を以下のように区別しています。

「春」・・・3月、4月、5月
「夏」・・・6月、7月、8月
「秋」・・・9月、10月、11月
「冬」・・・12月、1月、2月

参考: 時に関する用語|気象庁

そして、一般的にもこの指標が使われています。

たとえば天気予報も、この指標を採用しています。

 

③天文学的な区別

天文学では二至二分(にしにぶん)を基準にして季節を区別しています。

二至二分とは、「二至」と「二分」のことで、
二至:夏至(げし)、冬至(とうじ)
二分:春分(しゅんぶん)、秋分(しゅうぶん)
です。

二至二分は、毎年同じ日に当たるわけではないので「~ごろ」という表記にしています。
天文学では夏至、冬至、春分、秋分で四等分し季節を区別していて、以下のようになります。

「春」・・・3月21日ごろ(春分)~6月20日ごろまで
「夏」・・・6月21日ごろ(夏至)~9月22日ごろまで
「秋」・・・9月23日ごろ(秋分)~12月21日ごろまで
「冬」・・・12月22日ごろ(冬至)~3月20日ごろまで

④暦による区別

「暦(こよみ・れき)」とは、時間の流れを「年、月、週、日」といった単位に当てはめるためのシステム。

英語では「calendar(カレンダー)」とも言いますね。

暦には様々な種類があるのですが、今回は「二十四節気(にじゅうしせっき)」で説明させて頂きます。

一年間を24等分した基準を二十四節気(にじゅうしせっき)といいます。
二十四節気には、立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)という、季節の始まりを表す日があり、これを春夏秋冬の基準としています。

二十四節気は太陽の動きを基準に決められるため、毎年同じ日があたるわけではありません。そのため、「~頃」という表記にしています。

そんな暦による区別は以下のようになります。

「春」・・・2月4日ごろ(立春)~5月5日ごろまで
「夏」・・・5月6日ごろ(立夏)~8月7日ごろまで
「秋」・・・8月8日ごろ(立秋)~11月7日ごろまで
「冬」・・・11月8日ごろ(立冬)~2月3日ごろまで

4つの季節の区切り方をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

季節の区切り方にはいろいろな方法があることがわかりましたね。
季節はある日を境に「春」から「夏」へと切り替わるわけではありません。
少しずつ少しずつ、季節は移り変わっていきます。

それが日本の良さでもあります。

ただ、季節の移り変わりは昔より曖昧になっている気もします。

今まではもう暖かい季節だったのに、寒かったり、季節外れの雪だったりとありますよね。

だからこそ季節の区切り方も決められていないのかもしれませんね。

まとめ

では最後に、今回ご紹介した季節の区分をまとめます。

〇年度による区別(テレビなどに使われているもの)
「春」・・・4月、5月、6月
「夏」・・・7月、8月、9月
「秋」・・・10月、11月、12月
「冬」・・・1月、2月、3月

〇気象学的な区別(気象庁が用いる、一般的に使われているもの)
「春」・・・3月、4月、5月
「夏」・・・6月、7月、8月
「秋」・・・9月、10月、11月
「冬」・・・12月、1月、2月

〇天文学的な区別(夏至や冬至等を基準にしているもの)
「春」・・・3月21日ごろ(春分)~6月20日ごろまで
「夏」・・・6月21日ごろ(夏至)~9月22日ごろまで
「秋」・・・9月23日ごろ(秋分)~12月21日ごろまで
「冬」・・・12月22日ごろ(冬至)~3月20日ごろまで

〇暦による区別(二十四節により区別しているもの)
「春」・・・2月4日ごろ(立春)~5月5日ごろまで
「夏」・・・5月6日ごろ(立夏)~8月7日ごろまで
「秋」・・・8月8日ごろ(立秋)~11月7日ごろまで
「冬」・・・11月8日ごろ(立冬)~2月3日ごろまで

今回は、皆も知っている「季節の区分」をまとめてみました。
ちなみに季節の区分は、旧暦による区分など、他にもいろいろあります。

気になれば自分でも色々調べてみてください!
それでは、お読みいただきありがとうございました!